活動状況

 関東小型船安全協会の活動の一部をご紹介いたします。


海上安全指導員による海上安全パトロール

 海上安全指導員は、マリンレジャーの健全な発展を目指してモーターボート、ヨット、水上オートバイ等のプレジャーボートに対し、海難の未然防止、運航マナーの向上、安全思想の普及などの安全指導活動を行う民間のボランティアリーダーです。

 

 海上安全指導員は、本会の会員の中から本会が推薦し、第三管区海上保安本部長から適性があるとして認定を受け、指定された方々です。
 本会には、約300名の海上安全指導員が指定されており、海上安全パトロールやマリーナ等へ赴いて年間約2,200件の安全指導を行っています。


 


 海上安全指導員が安全指導を行う場合には、腕章を着用し、安全指導員手帳を携帯しており、また、安全パトロール艇には、安全パトロールステッカーを両舷に掲示し、安全パトロール旗を掲げています。

  海上安全指導員の活動にご協力をお願いいたします。

▲ ページTOP

海上安全講習会及び実技講習会

 個人が一人でプレジャーボートを運航するには危険が伴います。また、一人で集められる情報は限られますので、仲間とグループを作って、お互いに情報交換しながら海事知識や運航技術の習得に努めることも大切です。

 このような観点から、本会は、関東各地や静岡県内において会員等を対象に海事専門家による海上安全講習会や実技講習会を開催しています。

 講習会の内容は
 ・ 海事関係法令や気象、海象などの知識の習得
 ・ 小型船の運航技術や機関の取り扱い技術の習熟
 ・ 水上オートバイ等の実技講習
 などです。

 

▲ ページTOP

広報誌・小安協ニュース・インターネットによる広報

本会の活動状況、 海洋レジャーに関する情報、関係官庁からの周知事項等を掲載した広報誌を刊行するとともに、これらをインターネットでも提供しています。

     1 広報誌、小安協ニュース
       「小安協ニュース」: 年2回 発行

     2 ホームページ、Eメール
        ホームページ: 情報入手次第更新
        Eメール: 情報提供、情報交換

   

 

▲ ページTOP

小型船用無線電話の普及促進

 

 本会は、プレジャーボートなど小型船の航行中の安全を図るため、総務省の推奨を受け、国際VHFの普及促進を図っています。国際VHFは、平成21年10月以降、「船舶共通通信システム」として、小型船舶(プレジャーボート、漁船等)を含む全ての船舶間での交信が可能となるシステムヘ移行しました。
 これは、平成20年2月のイージス艦と漁船の衝突事故を契機とした改正であり、以前は大型船、漁船、プレジャーボートがそれぞれ相互に交信しており、全ての船舶が共通して交信できるシステムが構築されていませんでした。国際VHFには、国際遭難安全用及び国際呼出応答用のチャンネル16などが組み込まれており、緊急時には付近海域航行中の一般船舶や海上保安庁の海岸局、巡視船などと直接通信が可能な無線電話です。
   

▲ ページTOP

安全で秩序ある海洋レクリェーションの普及・発展活動

 児童を対象とした「海洋教室」や「体験乗船」等を通じて、海に親しむ機会をもって、海洋から人類が多大な恩恵を受けていることの認識を深め、海洋レクリエーションの普及を図っております。

 


 

 

 

 

▲ ページTOP

 

支部の活動

 本会は、地域に根ざした小型船の海難防止を推進するため、支部を設立し、各支部単位で海上安全講習会や海難救助訓練等の事業方針を立案し、実施しております。

 

1 しみず支部 設立: 平成12年3月16日

2 横浜支部 設立: 平成12年 4月 8日

3 茨城支部 設立 平成13年 2月17日

4 伊豆支部 設立 平成13年 2月25日

5 東京支部 設立 平成13年 4月 7日

6 千葉支部 設立 平成14年5月11日

7 横須賀支部 設立 平成16年5月11日

8 千葉外房支部 設立 平成年18年4月1日

 

▲ ページTOP